猫の健康を守る基礎となるのが食事です。

スーパーや大型量販店のペットコーナーにはキャットフードが溢れていますが、その中からどのフードを選ぶかは多くの飼い主たちの悩みであることが多いようです。

実際には価格でフードを選ぶという人も多いのですがこれは大きな間違いなのです。

安いキャットフードは、良質な動物タンパク質よりも、かさましのためのコーンミールや大豆などの炭水化物が多く含まれています。
ですが猫は本来は肉食獣ですから炭水化物を大量に摂取するとこれらの炭水化物を消化しきれずに内臓に負担をかけてしまうことがわかっています。

すると体が炭水化物に反応してアレルギーを起こしてしまってアトピーなどの皮膚疾患が起きてしまったり肥満や糖尿病、慢性下痢などの深刻な病気にかかってしまう確率が高まってしまうのです。

いつまでも愛猫には健康で長生きしてもらいたいのは飼い主共通の願いだと思います。

そのためにもキャットフード選びはなるべくナチュラル成分を配合したものやコーンや大豆などを使用しない穀物不使用のフードを選ぶことをおすすめします。